どうやって生きればいいかわからない。だから皆死ぬのか?

白く陶器のようになめらかなサナトリウムで静かに暮らしていきたい。

そこは世話係のアンドロイドと私しか存在しない静かな場所だ。

すべての煩わしさと苦痛、人間の負の感情から離された無菌室のような空間で、ただぼんやりと過ごし、本を読む。

気が向いたら文章を書くのもいいだろう。こうやって毎日思い思いに記録するのだ。

そんなことを考えていた。

 

私にとって世界はあまりにも恐ろしいところです。どうして多くの人間たちはこの世界に耐えられるのでしょう。

耐えられない者は皆死んでいくだけなのでしょうか。

私と同じように生活を厭う者でさえ、社会とはそういうものなのだと言って人間をやっている。まるで、私が堪え性のない生き物のようです。

いいえ、傍からみたらそう見えるでしょう。このくらい我慢すべきだと。私ですらそう思います。我慢すべきだと。

けれども、生きることに対して我慢が前提になっていることが怖いのです。

 

社会人をやってみたこともありました。

社会人に擬態して息継ぎに失敗しながらも何とか社会で生きていると、ある日突然だめになる。

積極的に死にたいわけではないけれど、自身を救うにはもう死ぬしかないのではないか、と暗鬱な表情になってしまう。