覚書

ひと眠りしてからスーパーへ行くために外に出ると、涼しい風が吹いていた。

明瞭で、とてもいい夜だった。

明瞭。明瞭って、不思議だなと思いながら景色を眺めていた。

皆さんの脳と私の脳、そして目玉、全て同じように見えて全く別のものであるので、私はこの明瞭さを誰とも分かち合うことはできず、ひとによっては不明瞭な夜である可能性も孕んでいる。

私は私自身とでさえ、脳の状態が違えばこの明瞭さを理解し合えない。

とある事情から私には週に何回か脳を曖昧にする時間があるのだが、そのとき世界は全く別の様子を見せる。

目を閉じると紫色の空間にインクの染みのような模様が現れ、消え、生み出され、消滅し、自我と世界が溶けていく。暗闇になる。かと思えば真っ白になったりする。

呼吸をしているかさえわからない。遠くで何かが聞こえるような気がしていたのに、それも確かなものかわからない。

このまますべてを受け入れてどんどん奥深くいけば、そこは“死”かもしれないと感じている。

その先が気になるのに、私はいつも何故かそこで目を開けてしまう。先程見た、しかし曖昧になる前とは異なる世界が映る。

声を出して、現れたのはこの自我なのか!と驚いた。

その驚きは、今までにないものだった。

目を閉じている間、私は別の何かであったような気がするのだ。しかし、目を開けた私にはもうわからないものだった。

そうしてぼんやりとして、時間が経ってから私は長年表層に現れている私となる。

世界も、何ら変わったところを見せない。

常にあの異なる世界を見ている人間のことに思いを馳せて、しばらくするとその考えも霧散する。

 

 

最近、全くブログを書いていなくて、それどころか週に一回は何とか更新していた小説もここ数週間書いていない。

代わりに、ネコと和解イラストは毎日のように描いている。

文章も絵もムラなくインプットできたら助かるのだが……と思いながら過ごす。

何に助かるのかはよくわからない。