あなたは育った環境が特殊だから、と医者は言った

特殊な成育環境。それが問題らしい。

「はい、ではこのお薬を飲んで特殊な成育環境を取り除いていきましょうね。大体1~2週間ほどで排出されますからね~。ちょっと口の中に苦味が残るけど、大丈夫ですか?」と、どうにかできるものではない。

いや、それにその方法は記憶に空白がたくさんできてしまうのでは?

ではこれならどうか。

「はい、では今までのつらい出来事をぜーんぶ幸せな出来事へ書き換えていきますからね。全身麻酔をするので、1週間入院が必要になります。」

果たして、記憶を書き換えられた私はこの「私」と何が異なっていくのだろう。とても興味があるけれど、そういった治療を受けることは、少なくとも私の通っている精神科では行っていない。2017年9月時点では、できない。

ただ精神科に通って言われるがままに薬を飲んでぼんやりしているだけではどうしようもないのだなあと思った。

それでも私はそのどうしようもなさを抱えながら増量された薬を飲んでいくのだ。どうしようもない生き物なので。

 

もっと元気がほしいとの要望に応え、朝にサインバルタを飲むことになった。ちなみに、朝の薬としては前回からリーゼも出ている。両方飲むのか?と訊くのを忘れたけれど、一応両方飲んでも薬は尽きない程度に出ているので両方飲んでもいいのだろう。

寝つきは悪い癖に、日中眠くて眠くて仕方がないので眠剤が合ってないのだろうと申し出たら、セロクエルが追加となった。あくまでも、日中の眠気は十分な睡眠がとれていないからというわけだ。

私は眠るためにロゼレムとサイレースセロクエルを飲む。

生活を送るためににジェイゾロフトメイラックスサインバルタと(そしてリーゼ)を飲む。

死んでしまわないようにシクレストによって意識をシャットダウンさせる。

果たして、そこまでして生きていく価値はあるのだろうか。

 

私は最近、5日間ごはんを一回も食べなかった。不思議なことに、空腹を感じなくて、空腹を感じないなら食べる必要もないと思い、ずっと食べずにいた。

5日目、会社のひとに夕食に誘われてついて行き、そこで久々に食事を摂った。

空腹を感じないということは、ごはんを食べる必要がないということで、何をいくらで食べるかといった面倒なことを考えなくていいということで、とても素晴らしいと思った。

しかし、因果関係は不明だが、急に喉が痛くなり、口の上方前面が口内炎のようになった。なるほど、栄養が不足してきたのだなと思った。

人間によると、食事とはとても大切なもので空腹を感じないからといって5日も抜いていいものではないらしい。別にそんなことくらい知っていたけれど。

あまりにも私がお昼休みに食事も摂らず眠っているせいで「大丈夫?今日もお昼ご飯食べなかったでしょう」と心配された。「夜はちゃんと食べてるの?」という質問に、私は「はい、もちろん」と嘘をついた。食事が大切なものであるとみんな思っていることを知っていたから。

けれど、生きたくないにゃんね~と言いながら食事を摂るのは何だか滑稽に思えたのだ。

どんどん肉が削げ落ちてしまえばいい。

空腹を感じないなら、無駄に食料を消費することもない。便利だ。嘘だ。嘘か?

 

これじゃあ、健康になんてなれないな、と思った。

治る気のない人間はいつまで経っても治らない、というヤツである。

私の育った環境が特殊で、それが病を呼んだことも、人間として破綻していることもすべて知っていたけれど、それでも、私が何もしなくても勝手に救われたかったなあ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村