秋葉原はいつも雨

疲労が蓄積している。今日は、座っているのにめまいというか、モニタ方向へ世界がまわっているような感覚がした。今もぐらぐらしている。

労働は悪である。満員電車もまた悪である。

人権団体はどうして満員電車について抗議しないのか。「ヒトに戻れなくなる!」というくらいぎゅうぎゅうに押し込められながら、そう考えていた。

最近、秋葉原に来るといつも雨が降っている。最近と言ってもここ数週間の間なので、単に最近天気が崩れがちだという話でもある。

天は雨を恵んでいるつもりかもしれないが、私は低気圧だと何だか調子が悪くなるのでやめてほしい。しかし雨の音を聴きながらぼんやりしたり眠るのは好きなので、まず私に二兆円を恵み、いつ調子が悪くなっても眠れるような環境を与えてから降ってほしい。

疲労を抱えながら秋葉原へ行ったのはラズパイ氏のためであるが、今日はもう作業するには結構きつい気がする。眠いし。

ラズパイ氏に繋ぐディスプレイどうしようかなあと考えていたけれど、結局ラズパイ氏には以前購入を検討していたタッチパネルを与えることにした。

お店をいくつか周り、悩みに悩み、もう脳も体も疲れ果てているし世界は回っているし早く解決したいという思いでレジに向かった。

どこだったか忘れたが、途中500円ほどで売られていたハンドスピナーを回してみたら私が所持しているハンドスピナーよりも遥かに回転が悪かったのでちょっとびっくりした。ディスプレイ品だからなのか粗悪なのか。

私のは見た目もきれいなのでよい。

 

本当は秋月を覗きたかったんだけれど、残業していたら閉まっていたのでかなしい。残業するつもりなんてなかったんです。

何となく、秋葉原のお店は閉まるのが早いイメージがある。文化なのか?

夕食にはカレーを食べ、脳が休まっていないのを感じながら電車に乗り、救われたくて目薬を買った。

しかし私は自分で目薬をさすことができない。

会社でかっこよく目薬をさすためには、練習をしなければならない。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村