5月23日の記録

今日はむりむりにゃんだったので朝起きてブロンを飲んで、それから少し眠って仕事に行った。

最近、準備した後家を出る時間になるまで横になって小刻みに眠ってしまうし、むしろもう横になりながら準備している。つらい。

ブロンを飲むと気持ちが上向きになって、少しばかりマシになるし、いくらか世界がクリアになる。ただ目の感覚が徹夜明けのような感じになって、喉が渇きやすくなる。

 

本当は土日のことをブログに書こうと思っていたのですが下書きに大した文量がないのと時間がないのでニャンです。見せたいものもあったのですがまた今度。

 

電車が混んでいて、座れなかった。これは帰りの記録(もちろん朝も電車が混んでいて座れないが)。

壁の高いところに貼ってある広告を見上げるようにして眺めていた。

しばらくすると、席が空いたので座った。

そうしたら急に気分が悪くなって、もしかすると最近仕事から帰ってきて気分が悪くなるのは電車に乗るせいではないかと思いながら、目を閉じた。車酔いに似た気持ち悪さだったからそう思った。

10秒ほど経ってから目を開けると、やけに明るく見えた。白く、明るく、鮮明な感じがする。

昼間なのではないかと思うくらいだった。現実感を消失していたため、そのように考えたのかもしれない。

昔の映像を観ているような気分で目を開いていた。

それから、これは瞳孔が開いているせいではないかと思ったが、実際に瞳孔が開いているかは確認しなかった。まず、鏡を持っていないし、電車内でカメラは覗きたくない。

離人症状のようなものを味わいながら、これは後で記録しておこうと考えた。

そしていま、記録している。

帰宅しても気分が優れない。

 

電車に乗る前、読書をしていたらスナック菓子についての描写があった。

それを読んでスナック菓子を食べたくなって、帰宅したらかっぱえびせんを食べるつもりだったのに食欲がない。

車酔いにも似ているし、カフェインを摂ったあとにもこういうふうになる記憶がある。

カフェインには心当たりがある。一時間ほど前につめたい緑茶を飲んだ。

前からカフェインには強くなかったけれど、近頃、特に弱くなったと感じる。

コーヒーの香りが好きで、数年前から好んで飲めるようになったというのに最近はコーヒーを飲むと気持ち悪くなるので避けている。紅茶も同じ理由であまり飲まなくなった。

疲労と、カフェインと電車酔い。そしてブロンも関係あるだろうか。けれどもたくさんは飲んでいないし、飲んだのは朝。

どちらかといえば、仕事で疲労したあと電車に乗ると非常に酔いやすくなるということではないかと思う。ずっと画面を見ていて目が疲れている(そして脳も疲れている)ことだし。

 

今の私はこの記録を書いてから2時間半後の私です。

前半の朝の話を書いたのも同じ2時間半後の私です。

気持ち悪さはマシになったし、カップ麺だけれど夕食も食べました。眠いです。

今日もやるべきことを終えないまま日が変わってしまいそうです。

もう社会から離脱してお金が尽きるまで眠って、そうして生きられなくなったら死ぬようにしたい、ということを考えるようになった。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村