コウコウセイカツコンティニュー

5月になりましたねというブログを5月1日に書こう、少なくともGW中には。と思っていたのですが何故か書きませんでした。何故だろう。

GW終わってから私は毎日意識を保つだけで精一杯です。

 

さて、発表があります。

これは意図的に隠していたことなのですが、高校生になりました。

まだ働いていなかったときに、これからどうするのか訊かれて答えたことを実行させられてしまったのです。

ついに試験を受けるという頃、精神状態があまりよくなくて高校なんか通いたくないなあと思っていたので、試験を受けたけれど落ちてしまって、それじゃあ仕方ないねというストーリーを少しばかり思い描いていたのですが。

ネットでいろいろ見ている限りでは(そして今回の結果を見たところ不合格者がいたので)落ちる可能性だってあったはずなのに。 

合格を知ったとき、落ちたらかなしかったかなあと考えましたが、実際に不合格になったとき自分がどう感じるかは不明。

ただ、合格してうれしいとも思いませんでした。最近、うれしいと心の底から感じられなくて残念です。

といっても、経験上こういうときにうれしい、というのはわかるので「うれしさを感じないならこの出来事はいらないよね」というように、うれしいと定義できる出来事から遠ざけられるのは嫌ですが……。

 

〆切ぎりぎりで各種書類を揃えたのでお金と時間がかかってつらかったです。

都立高なので受験料や入学料自体は高くないのですが、各種書類を最短で取り寄せるための速達料金、書留料金でお財布にダメージ、そして平日に役所へ行くため半休したり精神状態が悪くなり欠勤(これは自分が悪いのだけど)したりしたためお給料が減ってニャンでした。

もう無理だよ~とか言いつつも何とかがんばりました。褒めてください。

褒めよ祝えよ地に満ちよ。

そろそろ私の誕生日もあります。祝ってください。何とか職を得たまま、そして高校生になって迎えることができそうな、貴重なものなので。

 

……話を高校のことに戻します。

私は、あまり二度目の高校生活というものに詳しくないまま、そして自分の修得単位を知らないまま入ってしまったのですが、なんと、同一科目は一度修得すると再度登録することはできないのです!

(前在籍校で修得した単位数が文部科学省で定めている修得単位数に満たない科目については除く。などの特例はあるようです)

なので、数学はぜひ受けておきたいと思っていたのに、私はすでに修得しているので登録できませんでした。

塾に行くよりも安く数学を勉強できるぞと目論んでいましたが失敗です。

数学を修得したのは前世の私なのに……。

 

何らかの縁でこのブログを見て、なおかつ二度目の高校を考えているひとは自分の修得単位を確認しましょう。

ちなみに、修得単位数が入学を希望する高校の卒業単位数を越えている場合でも入学できます(要確認)。

 

私の場合はその、修得単位の関係で登録できる科目があまりありませんでした(何で卒業できてないんだろうという感じだった)。

ただ、似たような科目でも同一科目とみなされない場合は受けられます。やったね!

受けようと思っていたものは軒並み無理だったのですが……(物理も受けたかった授業のひとつだったけれど修得済みでだめだった)。

理系科目って不登校気味だとすぐについていけなくなって、苦手意識につきまとわれてさらに苦手になっていくんですよ(大学行かないならいいんですけど)。

 でも得意になりたい……。得意にならないとやりたいことをやりたいようにできないんです。

 

高校の記憶も人格も不確かだと、この科目ってちゃんと単位出てたんだという驚きを味わえます。

先生の顔も授業内容も薄ぼんやりとしていて、そもそもこの記憶は中学じゃなくて高校のものだよなと疑うくらいなのに単位が!出ている!

何度か「これ以上休むといくら成績がよくても単位を出せません」と言われてきたのに単位が出ている(ギリギリで出席日数を満たしたのでしょう)。

授業をたくさん休んでいると、呼び出されてどのくらい休むとだめになるかを紙に書きながら説明されるのです。

私の人生、様々な不可抗力や環境もありましたが、すべてはこの休み癖とでも呼ぶべきものでだめにしてきたように思います。

進学も就職もこれでふいにしてきたうえに、今もまた台無しにしてしまうのではないか。周りに呆れられて信用を失って……。絶望。

 

高校生になったからには(レポート提出しないといけないし)定期的にお勉強をせねばならないのですが、うまくやっていけるのだろうか。自信がありません。

しかし、登録した授業がない日やない時間には行かなくていい、行事も出たくないなら出なくてよいというのは非常に私向きでした。

出なければならない授業が少ないからなおさら楽なのでしょうけど。

調子がいいときは「バリバリ勉強して大学へ行くぞ~!」という気持ちになりますが、それ以外の時は卒業さえできればなんだっていい、むしろ一年で卒業できなくても構わないという気持ちです。

大学の学費を用意できるあてもありませんし、そういうのを考えるととてもつらいです。

 

今日は会社に行けず、このままだとだめになってしまう!という恐怖にかられて精神科に電話したものの「予約可能なのは最短で来週の火曜日からです」と言われて「あ……そうですか……失礼します」と電話を切ってしまいました。

この世界は精神科医を必要としすぎている。もう世界全体無理なんだよ。

みんなで世界をやめてしまおう。

というか、火曜日以降でもいいから予約を取るべきだったのでは?

 

精神科がだめなら咳を治しに内科へ行こうかなとも思いましたが、病院を探すのも待合室で待つのも面倒でやめました。

精神は今すぐにでも治してほしいけれど、咳はどうだっていいのです。

でもあんまりごほごほとして皆さんが不愉快に思われるといけませんから、あの(悪い意味でも)有名な咳止め薬を購入しました。

病院へ行くよりも安いし楽なのでいいです。でも「これはあなたが使いますか?」と訊かれたりするのは嫌にゃんね。

しかし今でもブロンODってやってんのかな。私としてはもう非効率になってしまったように思うのですが、すっかりそこらへんのことに疎くなってしまったのでよくわかりません。

 

毎月体調を崩して、毎日精神を崩しているのにもうしばらく病院へ行っていません。

咳が二週間以上続くようなら受診した方がよいようですが、まあ、薬飲んだし治るだろう。

いつも夜になるとひどくなる(ような気がする)のですが今はぴたりとやんでいます。

咳のことよりも近いうちに精神科の予約をとったほうがいい。

いい病院の紹介はいつでも受け付けています。東京都の皆さん、頼みましたよ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村