読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

環境の変化を嫌う

いつもと変わらない日々を過ごすことを安定だと勘違いしている。ゾンビのように仕事へ行くことは安定ではない。

最近はその偽物の安定もバランスを欠いてきた。遅刻もするし欠勤もしている。どうにかして真人間のフリをし続けなくては。捨てられてしまわないように無遅刻無欠勤を目指さなければならない。非常につらい。

毎日を消費するのに精いっぱいで、家事と労働と、あとはぼんやりとインターネットを眺めて一日が終わってしまい、徐々に自分が空っぽになっていくように思う。

このままの生活スタイルで空っぽにならないようにするにはスキルの身に付くお仕事(好きな分野だとなおよい)に転職するしかないのだけど、環境を変えることはとても気力のいることだから求人情報すら見ない。ニャンである。

人間も面接もこわいし履歴書を用意するのは実に面倒なことなのだ。

私のやりたいことは経験や知識がいることなのでまずはお勉強をしてからでないと応募できないなあと逃げながらただ毎日を過ごしている。未経験者歓迎!を信用していない。あれは未経験者を取って食うための言葉だ。

お勉強なんてこれっぽっちも進んでいないことは自明である。

 

死なないように生きているだけで、生きるために生きていない。

そんな生き方だといつかほんとうに死ぬしかなくなるのではと思いつつも生活を変えられないでいる。

もともと死にたかったせいか、そう簡単に生きることに前向きになれない。

では何故無理に生きているのか?と考えるとじゃあ死ぬかとなるので考えないようにしている。考えないようにしてまで生きる意味とは?ということも考えないほうがいい。

時々躁のような私がやってきて生活を整えようとはするけれどうまくいかない。始めないと結果は出ないのに。

わかっているのにできないのは、結局のところきちんと理解できていないからだろうか。きっとどうにもできなくなってから後悔する。

 

この文章は全部言い訳を書いているだけだと思ってさらにつらくなる。

それでも、他力本願のどうしようもない奴だと思われてもいいから、はやく救われたい。もう私は私を救える気がしません。

でも、救世主は私の存在を認知していないのでは? 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村