どうやって生きればいいかわからない。だから皆死ぬのか?

白く陶器のようになめらかなサナトリウムで静かに暮らしていきたい。 そこは世話係のアンドロイドと私しか存在しない静かな場所だ。 すべての煩わしさと苦痛、人間の負の感情から離された無菌室のような空間で、ただぼんやりと過ごし、本を読む。 気が向いた…

どうやって生きればいいかわからない。だから皆死ぬのか?

白く陶器のようになめらかなサナトリウムで静かに暮らしていきたい。 そこは世話係のアンドロイドと私しか存在しない静かな場所だ。 すべての煩わしさと苦痛、人間の負の感情から離された無菌室のような空間で、ただぼんやりと過ごし、本を読む。 気が向いた…

深夜1時

さみしい、さみしい。 私はこうしてさみしさを抱えて大人になれないまま生きていくのだと思った。それならばいっそ死んでしまいたいとも。 自立を求められるのが苦手だと気づいた。ひとりでこの世界を歩いていくにはあまりにも心もとない。 果たしてうまく子…

眠れない夜

眠れなくて鬱々とし、様々なことを考えてしまってさらに眠れなくなる悪循環に陥っている。 昔の劣悪な家庭環境や、時折訪れる破壊衝動のこと、自身がとても薄ぺらな人間に感じられてしまうこと。どれもTwitterに書くのはなあ……という気がして、しかしそれで…

最大容量の覚書

精神の表皮をぴりりと剥いていないと、自分は文章が書けないのではないか、とふと思った。 精神衰弱のその先、脳がぼんやりとして言葉ばかりが脳に揺蕩っているそのときだけ何かが書けるのではと。 しかし、このブログは脳内書き出しが主になってきているが…

鳴く蝉よりも鳴かぬ蛍が身を焦がす……蛍は何故光る? 光。光だよ、光。生物はあんまり光らないよ。嘘。クラゲも光るよ。でもさあ、ねえ。 水の中にいる生き物は別というか……何で別って思うんだろう?人間は水の中で暮らせないから?だから別世界なの? ホタル…

孤独と憂鬱の主

すっかりだめになってしまいました。だめになってしまったときは文章を書くに限ります。 絵は描けないのです。ペンを持たなくてはなりません。 本当は、絵も描けるのかもしれません。試みてないのでわからないのです。けれど、精神がニャオのときほどボツに…

覚書

ひと眠りしてからスーパーへ行くために外に出ると、涼しい風が吹いていた。 明瞭で、とてもいい夜だった。 明瞭。明瞭って、不思議だなと思いながら景色を眺めていた。 皆さんの脳と私の脳、そして目玉、全て同じように見えて全く別のものであるので、私はこ…

あなたには僕が見えるか

アンノウン・マザーグース! 頭の中で曲が流れていて、何だっけと歌詞を検索窓に打ち込んだ。 今日は世界に嘘があふれる日。 世界ごと嘘になってしまえばとっても楽しいのでは? 壁に手をつくとするりと通り抜ける。だって嘘だから。 空に翳した手のひらが、…

ひとの狭間

他の人間は一体何を考えて日々を過ごしているのだろう。そういうことばかり考えて生きている。 自我を通して見た世界はどれひとつ同じものはなくて、皆それぞれ別の世界を見ている。 私たちは同じ世界に生きていない。 誰とも共有できないことを私は寂しいと…

屑箱

リゾットを食べて布団へ体を横たえる。そのままずぶずぶと沈んでいくような錯覚。 さっきまでは空腹であることに煩わしさを感じていたのに、今では満腹であることへ煩わしさを感じている。 死んでいるように生きていて今日が何日で自分は何者でこの世界は何…

猫は吠えねえ

今日は月に吠えらんねえを買うためにアニメイトへ。 月吠、周りで読んでる人間をなかなか見かけないのでおすすめしたい。読んでくれ。アフタヌーン公式サイトで一話読めるよ。 昨日も病院へ行くために外出したし、今週の外出率がすごい。でも昨日はせっかく…

フクショク・キャンセル

先週の私「来週はちゃんと会社へ行って復職しよう」 今週の私「無理です」 昨夜は眠りもせず、ずっと唸りながら労働のことを考えていたのですが、もう無理無理ニャン。 「死!死よ!」という気持ちに囚われていたのでサイレース1シートを飲んで強制シャット…

消えてしまいそうな夜

明日の朝、私はもう世界にいないような気がしている。 それは馬鹿げた妄想で、私の願望からくる錯覚なのだろうけれども本当だったらどんなにいいだろうか。 かみさまにこの体をかえしてしまいたい。 消えてしまいたいのに消えられないジレンマが破壊衝動を生…

どうでもいい話

何となくキーボードをカタカタやりたい気分である。 最近はずっと縦になる気になれなくて横になったままPCでTRPG(主にクトゥルフ)動画を観ながらスマフォでとうらぶをやりつつ、たまにTwitterを覗く、というのが定番だ。 とうらぶをインストールしたのは二回…

人間へ戻る日

ついに復職日が決まってしまいました。 産業医面談、それに一体何の意味があったのだろう。私は、最低限の嘘をつきました。 働く必要があったからです。いや、そんなもの死ぬなら全く必要ないのですが。 でも、よくわからないけれどもお金が必要なので……必要…

そっと人生から手を放す

積極的に人生を歩む気力が潰えました。ただ何もせず波に流されて生きております。生活リズムもひどいもので、眠くなるまで起き続けて適当な時間に寝るものだから世間一般の一日と私が過ごす一日にズレを感じるようになりました。 本来ならもう復職している頃…

感傷的になるのを許されない

(それは世間が、ゆるさない)(世間じゃない。あなたが、ゆるさないのでしょう?)(そんな事をすると、世間からひどいめに逢うぞ)(世間じゃない。あなたでしょう?)(いまに世間から葬られる)(世間じゃない。葬るのは、あなたでしょう?) これは一体…

戌年ですが、今年もネコと和解しましょう

12月(2017年の)中にブログを更新しようと思っていたのに年が明けてしまいました。 初詣も行きました。 かっこいいので御神矢も買いました。 毎年スケジュール帳を買っては三日坊主で終わらせてしまっておりますが、2018年はなるべくブログを更新しようと思い…

がんばれなくなってきたので

つらい。 一か月もブログを更新していなかったようですが、最初の方は引っ越しでネコ・ネットワークに接続できなかったため。 後半は私の問題である。 日中意識を保つことが難しくなってきて、それにより労働へ行くのがこわくなった。薬を調整しても早く眠っ…

兄(概念)の話

私には兄がいた。概念の兄である。実体は持たないが、姿はある。 眠剤を飲んでかなり体の力が抜けてきたが、せっかく昔のことを思い出したので書こうと思う。 母曰く、私が生まれる前に一人だったか二人だったか生まれる前に亡くなっていて、私のもとに架空…

社会生活ができない

まず、眠ることはできる。眠剤の一部であるセロクエルをコントミンへと変更したせいか、中途覚醒が現れ始めたが、その後ふたたび眠れなくなるようなことは今のところ起こっていない。 朝も、目覚めることができる。 しかし、会社へついて仕事をしていると意…

あなたは育った環境が特殊だから、と医者は言った

特殊な成育環境。それが問題らしい。 「はい、ではこのお薬を飲んで特殊な成育環境を取り除いていきましょうね。大体1~2週間ほどで排出されますからね~。ちょっと口の中に苦味が残るけど、大丈夫ですか?」と、どうにかできるものではない。 いや、それ…

進捗だめです

精神もだめです。 昨日は「働きたくない!」「お前の意思なんか関係ないんだよ!」と葛藤し、何とか会社へ行ったけれど、もうだめです。だめなんです。 会社を休んだ。 死!と思いつつ布団に包まっていたらいつの間にか眠っていて、虚無感に襲われたので せ…

我らは生まれずに死んでいく

精神は悪い方向へと進んでいる。私はそれを知っている。終わりである。終末。 透明な存在のまま曖昧に呼吸を続けて、その先に何があるのか。 人間に価値をつけていく社会がつらい。こっちの社会では価値があっても、あっちの社会では価値がない。両方の社会…

秋葉原はいつも雨

疲労が蓄積している。今日は、座っているのにめまいというか、モニタ方向へ世界がまわっているような感覚がした。今もぐらぐらしている。 労働は悪である。満員電車もまた悪である。 人権団体はどうして満員電車について抗議しないのか。「ヒトに戻れなくな…

会社を休んで精神科に行って赤べこを買って

昨晩、ひどい希死念慮に襲われた。ラズパイ氏起動計画に向けて準備をしながらチーズトーストを食べ、嫌々お風呂に入り、ラズパイ氏の脳をセットしケースに入れ、眠剤を飲んで布団に入ったあとだった。 よく覚えていないけれどひどく死にたくて、その死にたさ…

人生の最適解

精神状態が毎日変化している。 木曜日、また仕事を休んでしまった。出勤日が少ないほどお給料も少なくなるので、ニャオである。しかも少しばかり連絡が遅れたため叱られ、死にたくなった。 元々、外に出られる準備はしていたので(それにも関わらず休んでし…

人間たちの生きるスピードについていけない

先週もブログを書こうと思っていたのに書かずにいて、多分きっとその先々週もブログを書こうと思って書かずにいた。 気づけばもう7月も終わりそうになっていて、人生に関わるタスクがどんどん降ってくる。 無理になってきた。 毎日死んだように生きていて、…

I want love or death.

何となくブログを書く気分ではなかったが、このままだといつまでたっても書かないでいそうなので書く。 生きる意味もブログを続ける意味もわからない。もしかすると、そのふたつの意味は一緒かもしれない。 最近、食堂でごはんを食べていると病院を連想する…