5月23日の記録

今日はむりむりにゃんだったので朝起きてブロンを飲んで、それから少し眠って仕事に行った。

最近、準備した後家を出る時間になるまで横になって小刻みに眠ってしまうし、むしろもう横になりながら準備している。つらい。

ブロンを飲むと気持ちが上向きになって、少しばかりマシになるし、いくらか世界がクリアになる。ただ目の感覚が徹夜明けのような感じになって、喉が渇きやすくなる。

 

本当は土日のことをブログに書こうと思っていたのですが下書きに大した文量がないのと時間がないのでニャンです。見せたいものもあったのですがまた今度。

 

電車が混んでいて、座れなかった。これは帰りの記録(もちろん朝も電車が混んでいて座れないが)。

壁の高いところに貼ってある広告を見上げるようにして眺めていた。

しばらくすると、席が空いたので座った。

そうしたら急に気分が悪くなって、もしかすると最近仕事から帰ってきて気分が悪くなるのは電車に乗るせいではないかと思いながら、目を閉じた。車酔いに似た気持ち悪さだったからそう思った。

10秒ほど経ってから目を開けると、やけに明るく見えた。白く、明るく、鮮明な感じがする。

昼間なのではないかと思うくらいだった。現実感を消失していたため、そのように考えたのかもしれない。

昔の映像を観ているような気分で目を開いていた。

それから、これは瞳孔が開いているせいではないかと思ったが、実際に瞳孔が開いているかは確認しなかった。まず、鏡を持っていないし、電車内でカメラは覗きたくない。

離人症状のようなものを味わいながら、これは後で記録しておこうと考えた。

そしていま、記録している。

帰宅しても気分が優れない。

 

電車に乗る前、読書をしていたらスナック菓子についての描写があった。

それを読んでスナック菓子を食べたくなって、帰宅したらかっぱえびせんを食べるつもりだったのに食欲がない。

車酔いにも似ているし、カフェインを摂ったあとにもこういうふうになる記憶がある。

カフェインには心当たりがある。一時間ほど前につめたい緑茶を飲んだ。

前からカフェインには強くなかったけれど、近頃、特に弱くなったと感じる。

コーヒーの香りが好きで、数年前から好んで飲めるようになったというのに最近はコーヒーを飲むと気持ち悪くなるので避けている。紅茶も同じ理由であまり飲まなくなった。

疲労と、カフェインと電車酔い。そしてブロンも関係あるだろうか。けれどもたくさんは飲んでいないし、飲んだのは朝。

どちらかといえば、仕事で疲労したあと電車に乗ると非常に酔いやすくなるということではないかと思う。ずっと画面を見ていて目が疲れている(そして脳も疲れている)ことだし。

 

今の私はこの記録を書いてから2時間半後の私です。

前半の朝の話を書いたのも同じ2時間半後の私です。

気持ち悪さはマシになったし、カップ麺だけれど夕食も食べました。眠いです。

今日もやるべきことを終えないまま日が変わってしまいそうです。

もう社会から離脱してお金が尽きるまで眠って、そうして生きられなくなったら死ぬようにしたい、ということを考えるようになった。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

毎朝起きるたびに無理だと思う

無理です。

毎朝このまま休んで、その次の日も休んで、その次も休んで、そうやって自然消滅しようと考えています。

入社当初は何とかやれていましたし、早起きすることもできて始業時刻の15~20分前にはすでに会社についていることもありましたが(遅刻がこわかった)今ではもうぎりぎり到着か遅刻か欠勤です。

遅刻する際は事前に電話をしなければならないのですが、この前遅刻したとき「休みます」と言おうか悩みました。でも休んだらそわそわして苦しくて、後々自分の首を絞めることになるのですけど。

3月4月は体調を崩したり、学校へ提出する書類関係で休みをとりがちでしたし何より「体調が悪いので」とはそろそろ言えない雰囲気を感じていたので5月こそは無遅刻無欠勤!を目指していたのですが、もう遅刻も欠勤もあります(つらい)。

 

入社してから、ギョームをばしばし倒していたら徐々に仕事を任されるようになってきて「期待しています」と言われ雲行きが怪しくなり最近では人が少なくなったのも相まってどんどん仕事が増えました。

そして並盛のひとも中盛のひともお給料は変わらないのです。せめてお給料が違うなら。

でも役立たずのフリをするのもつらいし、役立たずだとひとに思われるのも嫌。

つらさは往々にしてお金で解決できることがありますが、解決できるほどのお金がありません。

 

あとは転職しかありませんが、高校(2回目)の時点で引け目があります。新しい会社への不安もある。

「仕事ができるし若いしもっといいところ行けるんじゃないの?」という声もあれば「一年は働いたほうがいいよ」という声もあるしニャンです。

そもそも働きたくないんだよな……。

でもどうせいつかは辞めてしまうなら無理になるたびに会社を変えるのもアリなのかもしれませんね。今の生活を維持するので精一杯で、転職となるとキャパオーバーな気がします。誰かどうにかしてください。

 

 

定時退社に失敗して帰ってきたら、この「たいへんよくできましたシール」が届いていました。感慨深い。 

f:id:shiki_neco:20170517191209j:image 

ちなみに、商品名はごほうびシールでした。

これは手帳のカレンダーの欄に貼るために注文したのです。学校や労働へ行った日、他にもなにかとくべつな日に貼ろうと思って。

スケジュールをまとめようと、大きな手帳を買ったものの(セールになっていて大変お得だった)全然まとめられていません。

日記も手帳も三日坊主になってしまいがちです。

でも。今度こそ……まとめられなくてもシールだけは貼っていくぞ。 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

ネコの祝福

先日、誕生日を迎えた。

特典を目当てに前売りチケットを買ったのはいいけれど全然行っていなかった大英自然史博物館展と、前から行きたかったミュシャ展と草間弥生展へ行きました。

ミュシャ展と草間弥生展は高校生料金でチケットを買えたので大助かり。

でも平日なので空いているだろうと思っていたのに全然そんなことはなく、ちょっと当てがはずれました。

草間弥生展の「生命の輝きに満ちて」という展示を空いているときに気のすむまで堪能したいです。鏡張りの真っ暗な部屋にたくさんのあかり(”生命の輝きに満ちて”で検索してください)があってきれいなのだけど、きれいというよりはこわかった。体がふわふわするような不思議な感覚で、それをもう一度味わってみたい。

 

f:id:shiki_neco:20170514193022j:image

そして ネコ。

ネコだ!と思って立ち止まり、鞄からスマフォを取り出そうとしていたら近寄ってきた。

ネコの神様なのでネコに愛されている。人間には愛されている自信がない。

 

誕生日は行きたいところへ行っておいしいものを食べて、非常によかった。

最近食生活が雑になっていたので……。

二回くらいアイスを食べた(ソフトクリームとハーゲンダッツ)。

これがかなり好きになりました。毎日食べたい。

 

次の日はAmazonの欲しいものリストからプレゼントが届いてニャオーでした。

そして夕方になるにつれて熱が出たり精神が悪くなったりしました。

出かけようと思っていたのをやめたあたりからだめになったような。

夜になって無理無理にゃん!となり結局ブロンをたくさん飲んで夜更かし。

持っていると飲んでしまってよくないですなあ。けれど薬でしか自分を救えない。救った気になっているだけで、実は救えていないんですけど。

断続的にしか眠れず、今日(日曜日)もぼんやりして過ごしました。

やるべきことを後回しにしてしまったせいでこの時間になってしまってつらい。はやめに寝て明日に備えようと思っていたのですが……。

朝は何も感じていなかったのに夕方になるにつれてだんだんと素面に戻っていき、もう無理ですという気持ちでいっぱいになりました。

あとどれだけがんばればいいのだろう……と憂鬱になります。働いて勉強して生活して、本当はどれもしたくない(別の私はしたいのかもしれませんが)ことばかりで。でもがんばらないと生きていけない(がんばりたくない)。

ずっと何も考えずにぼんやりしていたいです。

調子が悪いときといいときの差がつらい。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

靴で辻褄を合わせる

思えば、ずっと辻褄を合わせる人生でした。

 

私の会社は、ありがたいことにオフィスカジュアルでよいのだけども、最近はただのカジュアルでは?という服装になりつつあります。

そういうときはきちんとした靴を履いてごまかします。靴がちゃんとしていれば何だか全体的にちゃんとして見えるものです(個人の感想です)。

靴はマルイのらくちんキレイシューズの、ええっと、何ていうのか……(ググってみたらオックスフォードシューズ系だった)。かっこいい靴が好きです。

マルイで広告見てからずっと気になっていて、冬だったか春だったに型落ちセールやってたのを買ったのですが、もう一足買っておけばよかったという気持ち。

靴の修理屋さんに持っていけばすり減っても何とかなるのかな。

マルイの靴、私は一般的な足のサイズなので特に恩恵は得られませんでしたが、豊富なサイズ展開が売りっぽかったです。

 

オフィスカジュアルとは……と思いながら入社して、最初はわりときちんとした格好で、慣れないパンプスを履いていたのですが(買ったけれど足に合わなくて放置していたものを引っ張り出してきた)やっぱり足が痛くて一か月もしない間にやめました。

今ではきちんとした靴と真っ黒のスニーカーで乗り切っています(スニーカーが微妙に足に合っていなくて替えたい)。

周りの人間たちの服装をチェックして徐々に崩していき、カジュアルまでたどり着きましたがまだ大丈夫なようです。

まだめちゃくちゃカジュアル(ジーパンにパーカーとか)なものには挑戦していないからかもしれません。さすがに浮くかなと思って挑戦する勇気もなく。

最近暑くなってきて、何を着るべきか悩む日が多くなりました。にゃんですなあ。

まったくスーツを持っていないのでオフィスカジュアルというのはありがたいのですけど、オフィスカジュアルって、スーツの人間と並ぶと戦闘力が足りてない!という気持ちになります。

スーツ姿好きだけど夏はつらそう。

 

 

今日はちゃんと会社へ行きました。選んだ社食が当たりでうれしかったです。

最近気づいたのですが、私は酢の物系があまり好きではないようなので避けるようにしています。

帰ってきてからはFGOしたりネットみたりしている間に寝落ちてしまっていたのですが、夢の中でも仕事しててつらい。

今日はギョームが増えて忙しくてフル活動していたので、それが原因かもしれません。

夢の中で仕事してもお給料でないので損ですね。

 

明日はついに私の誕生日!というかあと数分!なのですが体が怠くてニャン。

ほしいものリストにいろいろ突っ込んでいるのでご覧ください。

www.amazon.co.jp

 

あと、各種教科の参考書でおすすめのものがあれば教えてください……と言いたいところですが相手の学力がわからないのにすすめるのは難しいですよなあ。

数学と物理に苦手意識を感じているので、大好きになりつつ得意になるような魔法の本が欲しいです。

人生が幸せになる本も……(宗教では?) 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

コウコウセイカツコンティニュー

5月になりましたねというブログを5月1日に書こう、少なくともGW中には。と思っていたのですが何故か書きませんでした。何故だろう。

GW終わってから私は毎日意識を保つだけで精一杯です。

 

さて、発表があります。

これは意図的に隠していたことなのですが、高校生になりました。

まだ働いていなかったときに、これからどうするのか訊かれて答えたことを実行させられてしまったのです。

ついに試験を受けるという頃、精神状態があまりよくなくて高校なんか通いたくないなあと思っていたので、試験を受けたけれど落ちてしまって、それじゃあ仕方ないねというストーリーを少しばかり思い描いていたのですが。

ネットでいろいろ見ている限りでは(そして今回の結果を見たところ不合格者がいたので)落ちる可能性だってあったはずなのに。 

合格を知ったとき、落ちたらかなしかったかなあと考えましたが、実際に不合格になったとき自分がどう感じるかは不明。

ただ、合格してうれしいとも思いませんでした。最近、うれしいと心の底から感じられなくて残念です。

といっても、経験上こういうときにうれしい、というのはわかるので「うれしさを感じないならこの出来事はいらないよね」というように、うれしいと定義できる出来事から遠ざけられるのは嫌ですが……。

 

〆切ぎりぎりで各種書類を揃えたのでお金と時間がかかってつらかったです。

都立高なので受験料や入学料自体は高くないのですが、各種書類を最短で取り寄せるための速達料金、書留料金でお財布にダメージ、そして平日に役所へ行くため半休したり精神状態が悪くなり欠勤(これは自分が悪いのだけど)したりしたためお給料が減ってニャンでした。

もう無理だよ~とか言いつつも何とかがんばりました。褒めてください。

褒めよ祝えよ地に満ちよ。

そろそろ私の誕生日もあります。祝ってください。何とか職を得たまま、そして高校生になって迎えることができそうな、貴重なものなので。

 

……話を高校のことに戻します。

私は、あまり二度目の高校生活というものに詳しくないまま、そして自分の修得単位を知らないまま入ってしまったのですが、なんと、同一科目は一度修得すると再度登録することはできないのです!

(前在籍校で修得した単位数が文部科学省で定めている修得単位数に満たない科目については除く。などの特例はあるようです)

なので、数学はぜひ受けておきたいと思っていたのに、私はすでに修得しているので登録できませんでした。

塾に行くよりも安く数学を勉強できるぞと目論んでいましたが失敗です。

数学を修得したのは前世の私なのに……。

 

何らかの縁でこのブログを見て、なおかつ二度目の高校を考えているひとは自分の修得単位を確認しましょう。

ちなみに、修得単位数が入学を希望する高校の卒業単位数を越えている場合でも入学できます(要確認)。

 

私の場合はその、修得単位の関係で登録できる科目があまりありませんでした(何で卒業できてないんだろうという感じだった)。

ただ、似たような科目でも同一科目とみなされない場合は受けられます。やったね!

受けようと思っていたものは軒並み無理だったのですが……(物理も受けたかった授業のひとつだったけれど修得済みでだめだった)。

理系科目って不登校気味だとすぐについていけなくなって、苦手意識につきまとわれてさらに苦手になっていくんですよ(大学行かないならいいんですけど)。

 でも得意になりたい……。得意にならないとやりたいことをやりたいようにできないんです。

 

高校の記憶も人格も不確かだと、この科目ってちゃんと単位出てたんだという驚きを味わえます。

先生の顔も授業内容も薄ぼんやりとしていて、そもそもこの記憶は中学じゃなくて高校のものだよなと疑うくらいなのに単位が!出ている!

何度か「これ以上休むといくら成績がよくても単位を出せません」と言われてきたのに単位が出ている(ギリギリで出席日数を満たしたのでしょう)。

授業をたくさん休んでいると、呼び出されてどのくらい休むとだめになるかを紙に書きながら説明されるのです。

私の人生、様々な不可抗力や環境もありましたが、すべてはこの休み癖とでも呼ぶべきものでだめにしてきたように思います。

進学も就職もこれでふいにしてきたうえに、今もまた台無しにしてしまうのではないか。周りに呆れられて信用を失って……。絶望。

 

高校生になったからには(レポート提出しないといけないし)定期的にお勉強をせねばならないのですが、うまくやっていけるのだろうか。自信がありません。

しかし、登録した授業がない日やない時間には行かなくていい、行事も出たくないなら出なくてよいというのは非常に私向きでした。

出なければならない授業が少ないからなおさら楽なのでしょうけど。

調子がいいときは「バリバリ勉強して大学へ行くぞ~!」という気持ちになりますが、それ以外の時は卒業さえできればなんだっていい、むしろ一年で卒業できなくても構わないという気持ちです。

大学の学費を用意できるあてもありませんし、そういうのを考えるととてもつらいです。

 

今日は会社に行けず、このままだとだめになってしまう!という恐怖にかられて精神科に電話したものの「予約可能なのは最短で来週の火曜日からです」と言われて「あ……そうですか……失礼します」と電話を切ってしまいました。

この世界は精神科医を必要としすぎている。もう世界全体無理なんだよ。

みんなで世界をやめてしまおう。

というか、火曜日以降でもいいから予約を取るべきだったのでは?

 

精神科がだめなら咳を治しに内科へ行こうかなとも思いましたが、病院を探すのも待合室で待つのも面倒でやめました。

精神は今すぐにでも治してほしいけれど、咳はどうだっていいのです。

でもあんまりごほごほとして皆さんが不愉快に思われるといけませんから、あの(悪い意味でも)有名な咳止め薬を購入しました。

病院へ行くよりも安いし楽なのでいいです。でも「これはあなたが使いますか?」と訊かれたりするのは嫌にゃんね。

しかし今でもブロンODってやってんのかな。私としてはもう非効率になってしまったように思うのですが、すっかりそこらへんのことに疎くなってしまったのでよくわかりません。

 

毎月体調を崩して、毎日精神を崩しているのにもうしばらく病院へ行っていません。

咳が二週間以上続くようなら受診した方がよいようですが、まあ、薬飲んだし治るだろう。

いつも夜になるとひどくなる(ような気がする)のですが今はぴたりとやんでいます。

咳のことよりも近いうちに精神科の予約をとったほうがいい。

いい病院の紹介はいつでも受け付けています。東京都の皆さん、頼みましたよ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

カゼひきのゴーシュ

小学生の頃、転校先で馴染めなくて教室の本棚にあった宮澤賢治の本をよく読んでいた。

銀河鉄道の夜」は特別に好きで、国立博物館の野外シネマで「銀河鉄道の夜」を上映したとき観に行ったし、ピンドラでモチーフとして使われていたときは少しうれしかった。

私は昔から作者読みするタイプだったので宮澤賢治の本を手当たり次第に借りて読んでいた。「やまなし」や「グスコーブドリの伝記」や「猫の事務所」に「毒もみのすきな署長さん」や「雪渡り」等々。もちろん「セロ弾きのゴーシュ」も。

「ざしき童子のはなし」を小学生だったかそれよりももっと前だったかに朗読したのも覚えている(どうしてそれなんだろう)。

小学生の頃の方が本をたくさん読んでいたのではないかと思う。借りてきたら借りてきたその日に読み終わっていたし、すぐに次の本を借りていた。どんなに鈍い月島雫でも私の名前を覚えるだろうというくらい借りた。だから、学校で一番最初に仲良くなる先生は国語の先生だったし(小学校の図書室にはよく国語の先生がいた)司書さんだった。

母には「本ばかり読むな」と怒られた。ニャンである。

 

今日は午前中に起きて、真っ先に異変に気づきました。喉の不快感と、熱っぽさ。

風邪です。風邪をひきました。

やはり、フル労働を始めてから体調を崩しやすいです。つらい。

「そんなに体が弱かったら社会でやっていけないからね!」と母に怒られたことがありますが本当にやっていけない(精神も弱いし)のでもうだめだ。死、死です。

健康なひとからすればどうしてそんなに体調を崩すのか、という感じだろうし……。

なんだか怒られたことばかり思い出しちゃうな。弱ってるのかな。

 

お買い物に行こうと考えていたけどしんどいのでやめにして、何故かふとFate GOをやろうと思ったので一日中だらだらとゲームしました。

いつもだったらだらだらと休日を過ごすとつらくなるのですが、まあ月曜日と火曜日がんばればまた休みだし……でもやっぱりちょっとつらい。夏休みがほしい。

明日はでかけなければいけないので休みなんかじゃない。それに本当はいろいろがんばらなければならないことがあるのになあ。

がんばらないと生きていけなくなるというのは苦しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

世界は滅亡に近づいているから

すれ違った時にそう聞こえて、何の会話だろうと思った。やっぱりミサイルかな。

会社で弾道ミサイル落下時の行動についてお話があったけれど、私はミサイルが落ちてくるなんて思っていないので何だか不思議な気持ちになった。終末感。

世界が終わるときは案外あっけなく、知らない間に終わるんじゃないかな。

四月も知らない間に終わりを迎える。

私はまだ四月を過ごしていないのでは?実感がない。

週末がやってきてうれしいけれど、月末は……あんまりうれしくないというか、特にうれしさを感じるものではない。終わりがみえてかなしい。

 

次の日が休みというだけでのびのびと過ごせます。いつもより気持ちが軽い。

あとにまわすとつらくなるのがわかっているから先にお風呂にはいって、アニメを観る。SHIROBAKOを観ると泣きそうになるの治らない。

 

いつもこのくらいのびのびと過ごしたいです。

いつもは何故か死にそうになっている間に12時になって、嫌だなあつらいなあと、ぐんにゃりしながら眠る。そして朝はぐにゃぐにゃのまま起きて何も考えないようにしながら仕事へ行くのです。

ニャオー。

五月になってゴールデンウィークを過ごしてぼんやりしているうちにすぐ誕生日がやってくるんだろうなあ。

前ブログの更新をやめたのが二年前の誕生日(!)

前ブログ、全然更新していないのに未だにアクセスがあるんですよね。むしろこっちのブログは更新しないとアクセスがない。

アクセス、欲しいですなあ。

私は私が死んでも生き続けるブログを書くんだ……そうして残された私の文章から私の人格を模倣した人工知能が……

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村