人間たちの生きるスピードについていけない

先週もブログを書こうと思っていたのに書かずにいて、多分きっとその先々週もブログを書こうと思って書かずにいた。

気づけばもう7月も終わりそうになっていて、人生に関わるタスクがどんどん降ってくる。

無理になってきた。

毎日死んだように生きていて、毎日欠かさず抗うつ剤を飲んでも精神はだめになり時々仕事を休む。

おおよそ受験勉強と呼べるようなものはできていないし、学費の心配もあるので結局就職(私の場合転職と呼ぶべきかもしれないが)することに決めたのだが、つらい。

就活どころか就活準備からつらい。

この土日にスーツを買いに行こうと思っていたのだけど外に出られなくて買いに行っていない。

今はこれを薬とお酒を飲んだ状態で書いている。本当はプログラミングの続きをしようと思ってPCを開いたのだけど、こっちの方が負担が少ないような気がして、それに書くと言っていたのにずっと書いていないことに罪悪感を覚えていたのでこちらにした。

ざらざらと飲んだわりには何の問題もなく文章を打てているのでまだたいして効いていないようだ。

 

私は人間になり損ねてしまった。

人生をうまく歩めなかった。

本当は何の心配もなく大学生になり8年間通ったりしたい。

つまりはニートになりたいのとそんなに変わらない。何となく講義に出て空き時間には図書館で本を眺めながら「一生をかけても得られない知識がここにはある……」とぼんやりしたい。

精神がよいときに自分のやりたいことについて考えたら、今の状態ではどうにもならないことだった。

高卒資格を得てどこかの会社で未経験でもプログラマとして雇ってくれたらそれでいいと思っていたけれどそうではなかった。

精神がだめなときはもう何もすることができず生きられないと思う。

もっとゆっくり人生が進んでほしい。

私が無理になって立ち止まっている間に人間たちはどんどん人生を進めていって、私はただ惨めになっていく。

昔の私は大学のパンフレットを見ながら「この研究室も気になるんだけどこっちの研究室の分野も興味があって……」と語りながら、でも本当はニートになるのが将来の夢だなんて思っていたけれど、本当の夢はずっと健康な精神のまま学び続けることだった。

健康な精神のときの私の夢を、健康でない精神の私がどんどん壊していく。

私はウツをビョウしてひきこもってからの2年間何も学んでこなかった。2年間もあれば今頃大体の受験勉強は終えていて、進学を選んでいたかもしれないのに、と考える。

またしばらく休ませてほしいと思うたびにそう考える。本当はチャンスがあったのに。今はもう後悔しかなく、でも今だって結局何もできていないことに対して自己嫌悪する。自己嫌悪とは違うような気もするけれど、それに近いことは確かだ。

お前はそうやって後悔したって結局行動に移すことがなく、ただ精神がつらいと言い訳を並べて布団へ逃げ込むのだ。と脳内が言う。

 

ひきこもってから社会に出てみたら、知識を蓄えた人間と、何も持っていない私がいた。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

I want love or death.

何となくブログを書く気分ではなかったが、このままだといつまでたっても書かないでいそうなので書く。

生きる意味もブログを続ける意味もわからない。もしかすると、そのふたつの意味は一緒かもしれない。

 

最近、食堂でごはんを食べていると病院を連想する。

本当は私は入院患者で、ここにいるひとたちもみんな患者。私たちは病院が用意した偽物の社会の中で会社員だと思わされている、と考えながらごはんを咀嚼した。

そう考えていると視界が白っぽく感じられる。病院は白っぽいものだ。

どうやら慣れたようで、もう食堂でごはんを食べても緊張しなくなった。

社会にも慣れたい。

 

 

やはりブログを書く気分ではない。あまり何かをする気力がなくて、本来なら勉強したら生活をしたりしなければならないのだけど最低限の生活をして過ごしている。

休日には家で映画を観るくらいの気力はあったのに平日を重ねていくうちにどんどん気力も体力も削られていく。

ここ数日は特に夕方から非常に気持ち悪くなるのでそれに耐えながら帰宅して、しばらく横になって夕食を食べて薬を飲んでそして記憶をなくす。

眠剤を飲んでぐにゃぐにゃになる。

生活を維持するので精一杯と言いたいところだけれど維持すらできていなくてニャオである。はやく助かりたい。助けてくれ。

何もできていないのに7月を迎えてしまう。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

日々を過ごすと無が残る

毎日をただやり過ごしているうちに漠然と時が経っていた。こわい。

それに気づいたとき、自分というものが作り話のように感じられた。いつかどこかで読んだ小説と、私の中にある自分という情報は同じか、もしくは小説よりも不鮮明な記録になった。

人物設定とプロット程度の自分に対し、小説はきちんと描写されている。

今日は満員電車のなかで人生に怯えていた。

このままどうなっていくのだろう。

幸せは保証されていないのに、人間たちは当たり前のような顔で生きている。

実は他の人間たちも、どうして周りは当たり前のような顔をして生きているのだろうと、心の中で疑問に思っているのかもしれないが。

「生きている意味がわからない」と言うと「そんなの誰にだってわからないよ」とか返されるのがオチなんですけど、もう意味っていうか訳が分からない。

訳がわからなすぎる。

 

日々成長していく人間たちの横で、私はただ死んでいないだけでしかないことがつらい。

 

精神科医は趣味を楽しめと言った。趣味。

「趣味は?」と訊かれて答えるそれはただのプロフィールでしかない。何も感じられない。私の趣味は本当にこれなのか?

もっと感情が必要だ。感情!感情はある。いや、感情はあるけれども感情を動かす気力が不足しているのかもしれない。

6月5日に精神科通院を再開した。

今までの経緯を書く紙を渡されるんだけど、年月を書いていくと空白に気づく。今まで何をしていたのだろう?こんなにも時間は消えてしまったのか?という気持ち(今日のブログそればっかだな)。

お薬手帳を見て書いたのでその通院期間はだいたい合っていると思うんですけどもしかしたら貼り忘れとかあるかも……」と伝えながら、貼り忘れがあることを願っている。少なくとも通院して治していたという証拠がほしい。何もしていなかったわけじゃないと思いたい。まあ、何かしていたわけでもないんですけど。

今までただ耐え忍んで鬱病患者をやってきたというのか……。

抗うつ剤の希望を訊かれて、今までではジェイゾロフトが一番マシ(というか他がだめすぎる)という話をしたらセルトラリンが出た。

抗うつ剤眠剤ではジェネリックを避けてきたけど今回は受け入れた。安いので。

もうちょっと気分が上向きになるようなものが希望だったけど「ハイになりやすい薬は避けておきましょう」と言われてニャオ。「人間は軽躁状態では生きていけないんだよ」とも言っていた。

眠剤ブロチゾラム。今のところ特に問題なし。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

直射日光を避け、できるだけ涼しい場所に保管してください

直射日光が苦手です。暑いのも苦手。

日差しが強いときは日傘をさしているのですが人が多いところでは使えないしニャオって感じですね。

日差しを浴びすぎると頭が痛くなるのでせめてもの抵抗として日傘を使えないところではUVカット眼鏡をします。

常にひんやりした場所にいたい。

寒いくらい冷房を効かせて布団に包まるのも好きなのですが、あまり理解されないように思います。

職場でも冷房が効きまくっているときにあたたかい格好をしたいけれど、あたたかい格好をしていると「寒い?」と気遣われてしまうのでニャンです。

まあ、あたたかい格好ができないときは確かに温度をあげてほしいのですが……。

冬に使うようなストールしか持っていないので夏用のストールがほしい。

でも本当は会社にタオルケットを持ち込みたい。

 

この前、私の仲間を見つけました。

f:id:shiki_neco:20170522215927j:image

 苔テラリウム!

ずっと興味があってお店で見かけるたびに眺めていたのですが、ついに二週間くらい前に青空マーケット的なところで出会い購入。

もらった説明書によると、直射日光を避け、できる限り涼しい場所で、本が読めるくらいの明るさがあるところへ置くのがいいらしいです。

暗い場所は光合成ができないので適さない、とある。

 私もそんな場所で保管されたいです。

水遣りは数週間に一度霧吹きをかけるだけだし、非常に育てやすそうでよい。

植物が好きなわりに植物を育てるのがあまり得意ではないのですが今のところ問題なさそうです。

 

 

もう六月になってしまいました。

記録のためのブログなのに帰宅して体調が悪いと更新する気力がニャンになるのでニャン。最近気温差にやられて体調も精神も崩し気味です。この二日間でまた喉が変になって絶望。

明日はついに精神科に行く予定なのですが、今までのざっくりとした経緯とか処方された薬についてまとめておけば楽かなと思っていたのですがまだまとめていません。面倒になったのでもういいかな……。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

5月23日の記録

今日はむりむりにゃんだったので朝起きてブロンを飲んで、それから少し眠って仕事に行った。

最近、準備した後家を出る時間になるまで横になって小刻みに眠ってしまうし、むしろもう横になりながら準備している。つらい。

ブロンを飲むと気持ちが上向きになって、少しばかりマシになるし、いくらか世界がクリアになる。ただ目の感覚が徹夜明けのような感じになって、喉が渇きやすくなる。

 

本当は土日のことをブログに書こうと思っていたのですが下書きに大した文量がないのと時間がないのでニャンです。見せたいものもあったのですがまた今度。

 

電車が混んでいて、座れなかった。これは帰りの記録(もちろん朝も電車が混んでいて座れないが)。

壁の高いところに貼ってある広告を見上げるようにして眺めていた。

しばらくすると、席が空いたので座った。

そうしたら急に気分が悪くなって、もしかすると最近仕事から帰ってきて気分が悪くなるのは電車に乗るせいではないかと思いながら、目を閉じた。車酔いに似た気持ち悪さだったからそう思った。

10秒ほど経ってから目を開けると、やけに明るく見えた。白く、明るく、鮮明な感じがする。

昼間なのではないかと思うくらいだった。現実感を消失していたため、そのように考えたのかもしれない。

昔の映像を観ているような気分で目を開いていた。

それから、これは瞳孔が開いているせいではないかと思ったが、実際に瞳孔が開いているかは確認しなかった。まず、鏡を持っていないし、電車内でカメラは覗きたくない。

離人症状のようなものを味わいながら、これは後で記録しておこうと考えた。

そしていま、記録している。

帰宅しても気分が優れない。

 

電車に乗る前、読書をしていたらスナック菓子についての描写があった。

それを読んでスナック菓子を食べたくなって、帰宅したらかっぱえびせんを食べるつもりだったのに食欲がない。

車酔いにも似ているし、カフェインを摂ったあとにもこういうふうになる記憶がある。

カフェインには心当たりがある。一時間ほど前につめたい緑茶を飲んだ。

前からカフェインには強くなかったけれど、近頃、特に弱くなったと感じる。

コーヒーの香りが好きで、数年前から好んで飲めるようになったというのに最近はコーヒーを飲むと気持ち悪くなるので避けている。紅茶も同じ理由であまり飲まなくなった。

疲労と、カフェインと電車酔い。そしてブロンも関係あるだろうか。けれどもたくさんは飲んでいないし、飲んだのは朝。

どちらかといえば、仕事で疲労したあと電車に乗ると非常に酔いやすくなるということではないかと思う。ずっと画面を見ていて目が疲れている(そして脳も疲れている)ことだし。

 

今の私はこの記録を書いてから2時間半後の私です。

前半の朝の話を書いたのも同じ2時間半後の私です。

気持ち悪さはマシになったし、カップ麺だけれど夕食も食べました。眠いです。

今日もやるべきことを終えないまま日が変わってしまいそうです。

もう社会から離脱してお金が尽きるまで眠って、そうして生きられなくなったら死ぬようにしたい、ということを考えるようになった。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

毎朝起きるたびに無理だと思う

無理です。

毎朝このまま休んで、その次の日も休んで、その次も休んで、そうやって自然消滅しようと考えています。

入社当初は何とかやれていましたし、早起きすることもできて始業時刻の15~20分前にはすでに会社についていることもありましたが(遅刻がこわかった)今ではもうぎりぎり到着か遅刻か欠勤です。

遅刻する際は事前に電話をしなければならないのですが、この前遅刻したとき「休みます」と言おうか悩みました。でも休んだらそわそわして苦しくて、後々自分の首を絞めることになるのですけど。

3月4月は体調を崩したり、学校へ提出する書類関係で休みをとりがちでしたし何より「体調が悪いので」とはそろそろ言えない雰囲気を感じていたので5月こそは無遅刻無欠勤!を目指していたのですが、もう遅刻も欠勤もあります(つらい)。

 

入社してから、ギョームをばしばし倒していたら徐々に仕事を任されるようになってきて「期待しています」と言われ雲行きが怪しくなり最近では人が少なくなったのも相まってどんどん仕事が増えました。

そして並盛のひとも中盛のひともお給料は変わらないのです。せめてお給料が違うなら。

でも役立たずのフリをするのもつらいし、役立たずだとひとに思われるのも嫌。

つらさは往々にしてお金で解決できることがありますが、解決できるほどのお金がありません。

 

あとは転職しかありませんが、高校(2回目)の時点で引け目があります。新しい会社への不安もある。

「仕事ができるし若いしもっといいところ行けるんじゃないの?」という声もあれば「一年は働いたほうがいいよ」という声もあるしニャンです。

そもそも働きたくないんだよな……。

でもどうせいつかは辞めてしまうなら無理になるたびに会社を変えるのもアリなのかもしれませんね。今の生活を維持するので精一杯で、転職となるとキャパオーバーな気がします。誰かどうにかしてください。

 

 

定時退社に失敗して帰ってきたら、この「たいへんよくできましたシール」が届いていました。感慨深い。 

f:id:shiki_neco:20170517191209j:image 

ちなみに、商品名はごほうびシールでした。

これは手帳のカレンダーの欄に貼るために注文したのです。学校や労働へ行った日、他にもなにかとくべつな日に貼ろうと思って。

スケジュールをまとめようと、大きな手帳を買ったものの(セールになっていて大変お得だった)全然まとめられていません。

日記も手帳も三日坊主になってしまいがちです。

でも。今度こそ……まとめられなくてもシールだけは貼っていくぞ。 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

ネコの祝福

先日、誕生日を迎えた。

特典を目当てに前売りチケットを買ったのはいいけれど全然行っていなかった大英自然史博物館展と、前から行きたかったミュシャ展と草間弥生展へ行きました。

ミュシャ展と草間弥生展は高校生料金でチケットを買えたので大助かり。

でも平日なので空いているだろうと思っていたのに全然そんなことはなく、ちょっと当てがはずれました。

草間弥生展の「生命の輝きに満ちて」という展示を空いているときに気のすむまで堪能したいです。鏡張りの真っ暗な部屋にたくさんのあかり(”生命の輝きに満ちて”で検索してください)があってきれいなのだけど、きれいというよりはこわかった。体がふわふわするような不思議な感覚で、それをもう一度味わってみたい。

 

f:id:shiki_neco:20170514193022j:image

そして ネコ。

ネコだ!と思って立ち止まり、鞄からスマフォを取り出そうとしていたら近寄ってきた。

ネコの神様なのでネコに愛されている。人間には愛されている自信がない。

 

誕生日は行きたいところへ行っておいしいものを食べて、非常によかった。

最近食生活が雑になっていたので……。

二回くらいアイスを食べた(ソフトクリームとハーゲンダッツ)。

これがかなり好きになりました。毎日食べたい。

 

次の日はAmazonの欲しいものリストからプレゼントが届いてニャオーでした。

そして夕方になるにつれて熱が出たり精神が悪くなったりしました。

出かけようと思っていたのをやめたあたりからだめになったような。

夜になって無理無理にゃん!となり結局ブロンをたくさん飲んで夜更かし。

持っていると飲んでしまってよくないですなあ。けれど薬でしか自分を救えない。救った気になっているだけで、実は救えていないんですけど。

断続的にしか眠れず、今日(日曜日)もぼんやりして過ごしました。

やるべきことを後回しにしてしまったせいでこの時間になってしまってつらい。はやめに寝て明日に備えようと思っていたのですが……。

朝は何も感じていなかったのに夕方になるにつれてだんだんと素面に戻っていき、もう無理ですという気持ちでいっぱいになりました。

あとどれだけがんばればいいのだろう……と憂鬱になります。働いて勉強して生活して、本当はどれもしたくない(別の私はしたいのかもしれませんが)ことばかりで。でもがんばらないと生きていけない(がんばりたくない)。

ずっと何も考えずにぼんやりしていたいです。

調子が悪いときといいときの差がつらい。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村